異物検査機とは

異物検査機とは?

異物検査機とは、物の中に入り込んでしまって人の眼では見つけ難い異物を発見するための検査機です。
弊社の異物検査機は、工場で生産・加工される食品や医薬品、樹脂材料などあらゆる物に混入した異物を検出する為に使われています。
その中でも、特に食品安全に対する要求は非常に厳しさを増しています。
そんなニーズに応え、生活者の元へ安全な商品を届けるためにお手伝いをしているのがシステムスクエアの異物検査機です。

 

異物検査工程の例

どの工程で異物が混入したのか特定することで対策が可能になります。

金属検出機、X線検査機で検出可能な異物

金属検出機、X線検査機は、それぞれの得意分野を活かして使い分けられています。
お互いの苦手分野を補うため、2台組で使われることもあります。

金属検出機とは

食品工場をはじめ、さまざまな場で活躍

商品に混入した異物を検出する方法として最も広く利用されている検査機械です。
非接触、非破壊で検査でき、選別機と併用して自動で不良商品を排除することができます。


金属検出機の原理

metal_img03金属が通ると磁界(磁力線)が変化することを利用しています。検査物に金属が混入していると、磁界が影響を受けて変化し、その変化を検出することによって金属の混入を見つけます。さまざまな種類の金属を検出できます。

X線検査機とは

X線検査機は、レントゲン撮影と基本的に同じ原理で物を透かして中の様子を見ることができます。
X線を細いビーム状にして被検査品に照射し、半導体型ラインセンサで透過量を計測し画像として撮影します。撮影された モノクロのX線透過画像を解析し、異物とそれ以外のものを自動判別します。金属以外にも、石、ガラス、骨、硬質ゴムな どの異物を検出することができます。

img04

img05